(夏と冬どっち?)ロンドン旅行にフルコミットできるおすすめシーズン

始まりました。カネショーです。

 

今回の記事は、イギリスのロンドン旅行のおすすめシーズンについてロンドン滞在歴2年のカネショーが徹底的に解説します。

 

「ロンドンに旅行に行こうと思っているけど、10月と12月で迷っている。どちらの時期が観光に適しているのか分からない、、」

 

「2月~3月の寒い時期に旅行しようと思っているけど、日没時間や気候など不安が多い」

 

「やっぱりヨーロッパに行くなら涼しい春夏の方がいいの?」

 

と悩みに悩んでいる方は多いと思います。

 

確かにヨーロッパは春や夏の方が過ごしやすく、冬は日照時間が短く気温が日本より低いのは事実です。

 

ですが、気候が大きく影響するのは長期滞在をする方のみです。

 

それだけではなく、あなたが現地ですることや見たいものによってどちらのシーズンが良いかも決まってきますので、それぞれのシーズンの良さがあります。

 

 

 

今回の記事を旅行前に確認すると

 

⭕あなたのやりたいことや見たいものに100%マッチした旅行シーズンが丸わかりになり、満足度の高いロンドン旅行が実現できる。

 

 

 

逆に、事前にシーズンごとの長所と短所を知らないで旅行を予約してしまうと、、

 

❌あなたが思っていたイメージと違う旅行となり、ヨーロッパを100%楽しめない

 

❌現地で見たかった物ややりたかったことができず、せっかくの休みを満喫できずにストレスが溜まる旅行となる。

 

なんてことにもなりかねません。

 

日本からヨーロッパは遠いので、1回目の旅行で最大限楽みたいものですよね!

 

それでは行きましょう。LET’S GET STARTED !!

 

 

〜「IELTSのリーディングで思ったような結果が出ない方へ」〜

 

私のブログにたどり着いたという事は

「海外留学のためIELTSで高得点を取りたいけど勉強方法がわからない」

と思っているのではないですか?

 

今なら限定20名様に

2週間であなたのIELTSのリーディングスコアが7.0点以上にアップする攻略法5選

を無料で配布してます

 

 

「どんなに頑張ってもIELTSの長文問題が時間内に終わらない・・」

「FalseとNot Givenの違いがわからず点数が取れない・・」

 

と悩んでいる方は是非レポートを無料で受け取ってください!!

 

詳細は下記のページまで⬇️

2週間でIELTSリーディングスコア7点のいろはが学べるレポートはこちら

 

 

 

ロンドンの天気の特徴

ロンドンは日本と同じ様に四季があります。とはいえ、年間を通して気温が関東よりも低いです。春と秋も日本と比べ短いです。

 

これは私の肌感覚ですが、日本の長野県の気温に似ています。

春夏は暑い日はありますが、夜と朝が寒くて風邪を引きそうになるといった感じです。

 

ゴールデンウィーク時期の5月のロンドンの平均気温は、10~18℃です。

温かい日は薄着で出歩けますが、気温が下がる日もあるのでジャケット・コートは必須です。

 

(Photo/Lefteris Pitarakis)

 

(Photo REUTERS/Luke MacGregor)

 

晴れの日が多くなってくる5月でも、晴れの日の数は平均14~15日と言われています。

他の日は曇りの日か(1部)雨の日です。雨もいつ降ってくるかわかりません。

 

ですので、旅行中は折りたたみ式傘を持ち歩いたほうが良いでしょう。

 

 

 

ロンドンの月ごとの平均気温と降水量

<平均気温と降雨日数>

平均気温 高/低 降雨日数
1月 9° / 4° 12 日
2月 9° / 5° 9 日
3月 12° / 6° 9 日
4月 15° / 7° 9 日
5月 18° / 10° 8 日
6月 21° / 13° 8 日
7月 23° / 15° 7 日
8月 23° / 15° 8 日
9月 20° / 13° 8 日
10月 16° / 10°  10 日
11月 12° / 7° 10 日
12月 9° / 5° 10 日

ソース: NOAA

 

 

<月別平均降水量>

平均降水量
1月 80.1 mm
2月 53.4 mm
3月 62.0 mm
4月 51.8 mm
5月 52.8 mm
6月 53.0 mm
7月 47.7 mm
8月 56.3 mm
9月 68.2 mm
10月 79.9 mm
11月 85.7 mm
12月 72.0 mm

(ソース:southernwater.co.uk)

 

イメージに反して降水量が少ないロンドン。イギリスの雨は、日本のそれと比べ軽く細い霧雨が断続的にふる感覚です。

 

アジアによく見られる重くて長い雨とタイプが異なります。

 

1日の中に四季があると言われているほど変わりやすい気候のため、服装はしっかり準備しましょう。

 

では、シーズンごとに見てみましょう。

 

3~5月 (春)

3月はまだ冬といった感じですが、4月から日中は少々春を感じることができます。ただし日本の春のイメージとは違い、朝と夜は寒いです。

 

6~8月 (夏)

日中は日本の夏と同じく半袖で出歩くことができますが、朝と夜で温度差が激しいです。人によっては「夜が寒い」と感じる人もいるでしょう。

 

9~10月 (秋)

ロンドンの秋は短いです。10月の下旬から冬が始まってしまいます。この時期から日照時間が短くなってきます。

 

11~2月 (冬)

降雨日数も増えてきて、真冬の寒さが続きます。とはいえ、たまに暖流によって若干暖かくなるので、他のヨーロッパの国に冬よりかは厳しい寒さという程ではありません。

 

 

ロンドンのベストシーズン

それぞれのシーズンの良さがあるロンドン。

結論から言いますと、オススメシーズンはその人がロンドンに行って何をしたいかにもよります。

 

<12月~1月(冬)にオススメできる方>

 

・「ヨーロッパと言ったらとにかく冬服ファッションなどのショッピングを楽しみたい」

・クリスマスイベントや美しいイルミネーションを楽しみたい

・ヨーロッパのニューイヤーのイベントや街の雰囲気を体感したい

 

といった方は、12~2月のシーズンに旅行に行くことをおすすめします。

 

なぜ12月かといいますと、ヨーロッパでもやはり冬はファッションを中心としたセール時期でありますし、欧州ブランドのコートなどの冬服がセール価格で買えるチャンスであるからです。

 

ロンドン有数のショッピング通りのOxford Steetは、クリスマスセールに行くのが一番熱い!

(Boxing Dayというクリスマスシーズンは、毎年大賑わいを見せています)

 

この時期に中心地で買物と歴史的建造物巡りを満喫すれば、一生モノの経験となることでしょう。

 

途中で寒くなっても、あるおしゃれなカフェで美味しいコーヒーを飲めば回復できます!

 

 

また、この時期はクリスマス/正月であるので、観光名所の通りはほとんどがライトアップされています。

 

 

このロンドン最大のショッピングストリート、リージェントストリートの冬限定ライトアップ

 

欧州の中心地で買い物を楽しみながら、この景色を眺めるのはこの時期にヨーロッパにいる人の特権です。

 

 

この特別な雰囲気は、春や夏では味わえません。きっと「この景色を見られてよかった」と思う事でしょう。

 

 

ロンドンのニューイヤーの花火(Fireworks)は欧州1の規模

 

ロンドン自然史博物館(National History Museum)のスケートリンクはこの時期しかない

 

(夏だけじゃない)ロンドン市民憩いの場のハイドパークのクリスマスライトアップ

 

 

 

 

<春夏(5~9月)におすすめできる方>

 

一方で、もちろん春夏の方が気温が快適で日照時間も長いので

 

・公園などにある豊かな自然風景を楽しみたい

・買い物よりも、テムズ川のクルージングなどアウトドアのアクティビティを快適に楽しみたい

・21時まで明るい中、パブの外でのんびりビールを飲んで日本の生活を忘れたい

 

といった方は5月〜9月をオススメします。

(夏にビアガーデンに行くのが好きな人は、この開放感が病みつきになるかも!)

 

6月~8月までは、大体20時半まで外は明るく、パブには地元の人が外でビールを楽しんでいます

(もちろん彼らは年中外でビールを飲んでいますが)

 

こちらの写真は、私が去年の5月に家族旅行で乗ったテムズ川のリバーバス(river bus)の写真です。

ボートの最上階が吹き抜けになっているので、正直5月の比較的暖かい時期に乗ってよかったと思っています。

 

もしこれを12月に乗るとなると、かなりの寒さ対策をしないと厳しそうです。

 

費用のかかるクルーズ以外にも、ロンドンでは西部のリッチモンドから東部のグリニッジまでテムズ川を走るリバーバスが電車感覚で走っています。

 

River – transport for London 

 

-運賃-

料金については、地下鉄と同様に区間によって変わります。

オススメのルートは、ロンドン随一の観光名所タワーブリッジ付近から出発する”Tower Pier”からグリニッジ展望台がある”Greenwich Pier”のルートです。

 

 

こちらの区間であれば、オイスターカードを持っていれば£7.7(1,090円)です。(2020年2月現在)

 

運賃は頻繁に変更されるので、下記のロンドン交通局の公式サイトを確認してみてください。

Transport for London – river fares

 

 

(Tower PIerの隣のロンドン塔:Tower of Londonも観光におすすなスポットです。途中で寄ってみてください)

 

<春夏しか見られない、ロンドンの豊かでカラフルな自然>

 

ケンジントン宮殿(Kensington Palace)の美しい庭園

 

 

ロンドン最大の公園のキュー・ガーデン(Kew Garden)の壮大な自然

 

 

バッキンガム宮殿の雰囲気は、この時期がピークかも?

 

 

<まとめ>

今回の記事では

ロンドン旅行に行きたいあなたに一番合うシーズンが分かる、ロンドンのおすすめ旅行シーズン大辞典について天候やイベントの面から解説しました。

 

・短期の旅行の場合、気温や雨の心配はそれほど必要がない(折りたたみ傘は必須)

 

・夏に行ったほうがロンドンを楽しめる人

→お酒を外で飲むのが好き/クルーズや自然を楽しみたい

 

・冬に行ったほうがロンドンを楽しめる人

→ヨーロッパのファッションを物色したい/クリスマスや正月のライトアップを体感したい

 

といった感じで、あなたの目的に応じて旅行に出かけるシーズンを決めてみてください。

どちらを取ってもロンドンは楽しいですが、あなたのニーズに合った旅行プランを実現させてくださいね!!

 

 

限定20名でIELTSリーディングスコア7点獲得方法のレポートを無料で配布してます

 

 

現役ロンドン大学院生カネショーが教える

2週間であなたのIELTSのリーディングスコアが7.0点以上にアップする攻略法5選

をレポート形式にまとめました

 

今ならこちらを期間限定で無料で差し上げます。

 

詳細は下記の画像をクリックしてください

その行動があなたのグローバルな将来の大きな第一歩となるかもしれません⬇︎

 

 

またはこちらのURLから⬇️

2週間でIELTSリーディングスコア7点のいろはが学べるレポートはこちら

 

Hope see you soon !!

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。