<5Gも解説>イギリス留学で携帯電話をうまく運用する方法まとめ

始まりました。カネショーです。

 

今回の記事では、これからイギリス留学に行く人にとって悩みの携帯電話に関する記事です。

 

イギリスの携帯システム、料金体系、大手4社比較、5Gをじっくり解説します。

 

この記事を読むだけでイギリスでの携帯事情は全て丸わかりになる内容となっています。

 

 

 

日本の会社でも海外で使えるプランはありますが、維持費が高いのがネックですよね。

 

❓「現地で英語を使ってちゃんと契約できるかどうか不安だ」

 

❓「日本でSIMフリーの携帯を買って、現地でSIMカードだけ購入する方法もネットで見つけたが、簡単にできるものなのか?」

 

 

と情報が不足しているので確実な情報を見つけられていない人は多いと思います。

 

 

私もはじめてイギリス留学に行った時は、携帯会社や料金体系などを調べないまま現地のSIMを使っていたので、料金で損をした経験があります。

 

どの携帯会社のどのプランが自分に一番合っているかを事前に調べておけば、1ヶ月あたり1500円くらい節約することができたと反省してます。

 

今回の記事でイギリスの携帯事情を予習しておくと

 

⭕あなたの滞在期間の長さに最適の携帯会社や料金プランが丸わかりになり、圧倒的にお得

 

⭕うまく行けば、日本にいるときよりも安い金額で運用することができる

 

⭕イギリスの5Gの情報も誰よりも早く入手できるので、留学先で最先端の5G生活を送ることができる

 

といった結果に繋がります。

 

私みたいに月に4000円も払わないで済むように今回の記事もしっかり予習しておきましょう!

 

Let’s get started !!

 

 

〜「IELTSのリーディングで思ったような結果が出ない方へ」〜

私のブログにたどり着いたという事は

 

「海外留学のためIELTSで高得点を取りたいけど勉強方法がわからない」

と思っているのではないですか?

 

今なら限定20名様に

 

2週間であなたのIELTSのリーディングスコアが7.0点以上にアップする攻略法5選

を無料で配布してます

 

「どんなに頑張ってもIELTSの長文問題が時間内に終わらない・・」

「FalseとNot Givenの違いがわからず点数が取れない・・」

 

と悩んでいる方は是非レポートを無料で受け取ってください!!

 

詳細は下記のページまで⬇️

2週間でIELTSリーディングスコア7点のいろはが学べるレポートはこちら

 

 

 

 

SIMカードを現地で購入する方法

 

結論から言いますと、SIMフリー携帯をすでに持っている方は、それを持参し使用したほうが圧倒的にお得です。

 

イギリスの携帯料金は、基本的に日本と比べると安く運用できる環境です。

 

今お使いの携帯がSIMロックが掛かっていても、お使いのキャリアに頼めばロックを解除していくれます。

 

SIMフリーのスマホを持っていく前提で、あなたの留学期間によって下記の2つシステムから選択していきます。

 

 

①留学が9ヶ月以下→プリペイド式(Pay As You Go)のSIMを購入

 

②留学が10ヶ月以上→12ヶ月/24ヶ月の契約プランのSIMの方が金銭的にお得

 

 

 

〜①Pay As You Go とは?〜

電話番号付きのSIMカードを店頭や空港で購入します。月々の契約はなく、データが足りなくなったらその都度お店でTop up(チャージ)するシステムです。

 

月(30日間)単位で一定額を払うと、その範囲内の通話時間・テキストメッセージ送信回数・データ容量が使えます。

 

EEのPay As You Goの料金体系(2020年3月現在)

月額 データ量 通話可能時間 SMS上限回数
ポンド
£5 ¥684 150MB 100分 250通
£10 ¥1369 1GB 250分 無制限
£15 ¥2054 2GB 100分 無制限
£20 ¥2379 5GB 500分 無制限
£25 ¥3424 8GB 2000分 無制限
£20 ¥2379 10GB 750分 無制限
£30 ¥4108 20GB 3000分 無制限

(参照元:Pay As You Go SIM |Deals & Plans | EE 

 

よって、何より頼もしいのが日本と異なり通話料の別途料金がかかりません。

 

料金に比例して通話可能時間も増えていくので、実質通話料は無料のような感覚になります。

 

チャージは現金でもクレジットカードでも可能です。

 

・マイページで支払う

・通信会社へ電話

・現地の携帯ショップで直接支払う

 

の選択肢が用意されています。

 

短期留学の場合は、こちらの形態で留学が終わるまでチャージしていくのが無難だと思います。

 

 

⭕Pay As You Goのメリット

・そもそも契約自体がないので、身分証などを準備して携帯ショップに出向く必要がない。

・追加料金を払わなければ終わりなので、違約金などががなく短期留学者にピッタリ

 

❌Pay As You Goのデメリット

・月々の運用費用が長期契約プランと比べ若干高い

・毎回チャージするのが若干面倒くさい

 

 

 

〜②Monthly(月額契約)とは?〜

 

簡単に言うと、日本のキャリアのように月の料金を銀行口座引き落としで契約するタイプです。

 

イギリスの携帯会社ではこのタイプを「Monthly」と名付けています。

 

1ヶ月あたりの料金はPay As You Goと比べ安い傾向にありますが、12ヶ月契約または24ヶ月契約が条件の会社が多いので長期滞在者向けです。

 

よって、10ヶ月以上の長期留学者は月契約のSIMを契約したほうがメリットが多いです。

(10ヶ月程度で解約しても、合計で言えばお得)

 

 

Monthly契約の場合、契約の際に学生証を提出すると10~20%(会社によって異なる)の学割を受けることができます。

 

ですので、多少面倒でもMonthly契約を結んだほうが断然お得です。

 

 

〜EEの12 Monthの料金体系(2020年3月現在)〜

月額(学割適用前) データ量 通話可能時間 SMS上限回数
ポンド
£13 ¥1780 4GB 無制限 無制限
£16 ¥2191 12GB 無制限 無制限
£20 ¥2379 30GB 無制限 無制限
£24 ¥3287 無制限 無制限 無制限

(参照元:Pay Monthly SIM Plans – Three

 

 

⭕Monthlyのメリット

・Pay As You Goと比べ、月額料金が安い

・自動銀行引き落としなので、手間がない

 

❌Monthlyのデメリット

・イギリスの銀行口座がないと契約できないので、若干ハードルが高い

・12ヶ月経たないで解約すると、解約金を支払うことになる

 

 

ちなみに私が契約したSIMは、上記と同じ会社Threeの20BGの12ヶ月プラン(2018年度)でした。

 

学割適用前は20£(3000円)/月でしたが、学生証を提出することに成功したので約16£(2200円)/月で運用できていました。

 

 

ただし、MonthlyのSIMカードを契約する場合、以下の条件をクリアする必要があります。

 

1.イギリスの銀行口座を持っている

 

2.イギリスの住所の証明が必要(滞在先の住所とあなたの名前が確認できる銀行の手紙 OR 光熱費の請求書などを提出できる)

 

 

よって、初めてイギリスに来たばかりであれば、初月からMonthly契約を結ぶのはハードルが高いです。

 

 

ですので、長期留学でイギリス滞在がはじめての方は最初の1~2ヶ月はPay As You GoのSIMカードを入手し、銀行口座の開設に成功した後にMonthlyに切り替えるのが賢い選択です。

 

 

手順は会社によって異なりますが、会員サイトから変更の申請をするか店頭や電話でも手続きを進めてくれます。

 

 

現地で銀行や携帯の手続きを英語で経験すると、あなたの英語スキルアップに大きく役立つので是非チャレンジしてみましょう!

 

 

 

イギリスの携帯会社はどこがおすすめ?

次にイギリスの大手通信会社4社の特徴について解説します。

 

 

英国の大手4社は以下の通りです。

・EE

・O2

・Three

・Vodafone

 

こちらの4社は英国内で独自のネットワークを持つ会社であり、日本で言う大手キャリア3社と同じようなポジションです。

 

2018年の英国でのキャリアのシェアは以下の通りです。

(ソース:Most used mobile – Statista

 

ご覧の通り、EEが一番のユーザー数を抱えています。

<EEの強み>

・英国1のシェアを誇るEE。そのためか、販売店の数も多いです。繁華街を歩いていれば必ず見かけますし、空港でも目につく所に販売機が設置されているので信頼感は強いです。

 

 

・電波の範囲も広いです。英国の90%の地域で接続できる安定した回線を保持しています。

5G回線の着手にもイチ早く乗り出しました。

 

・回線スピードもNo1

4Gの平均スピードは32.5Mbpsと言われています(2019年Open Signalの調査)

 

・Apple Musicのフリーアクセスなどの特典(perk)も魅力的です。

 

・EU諸国やアメリカなど71カ国でデータ通信をそのまま使用することができます

これは他の携帯会社も同様の機能がありますが、これがイギリスの携帯会社のいいところです。休み期間にヨーロッパ旅行に行く際に訳に立ちます。

 

・唯一の弱点は、他の会社と比べ料金が割高なところです。

安定した回線とスピードを両立した結果とも言えるでしょう。

 

 

<02の強み>

 

二番目のシェアを誇るO2。長らく英国で愛されているこの会社。

 

・EEに迫る回線の強さだけではなクーポンや特典の充実さにあると言われています。映画館での無料のフードチケットなどが常に提供されます。

音楽イベントのチケットも並ばないで入場できるチケットを提供してくれます。

 

(引用:o2.co.uk/rewards)

 

・料金などを確認できるO2アプリの見やすさが好評です。他の会社はホームページからアクセスして使用したデータ状況などを確認しなくてはならないので使い勝手が抜群です。

 

 

・O2ユーザーのみが使えるUK内に16,000もあるWifiスポットへの無料アクセスも目玉です。

これによって、低容量プランでの運用も容易になるので留学生の大きな味方です。

 

 

<Vodafoneの強み>

日本でも馴染みの深かったVodafone。英国では未だに根強い人気があります。

 

・5Gの製品投入(rollout)もEEの次に行いましたし、現在では5Gの契約プランを全ての容量(無制限も含む)で実現している唯一の会社ということで、注目が集まっています。

 

・これからイギリスでも5G回線が主流となってくるので、私の個人的な見解では5GでVodafoneが安定したサービスを提供し続ければ英国でのシェアの奪還に成功すると読んでいます。

 

 

<Threeの強み>

・最後の4大キャリアはThree。他の3社と比べリーズナブルな価格が売りのこの会社

容量の大きいプランでも、他の大手と比べ価格が安いです。

 

・独自のネットワークを持っているので、都市部での回線速度は問題ありません。

一部の地方では回線の安定度に不満を持つ人はいるものの、都市部で留学する人にとってはこちらの会社が安くておすすめです。

 

・留学中に他のヨーロッパへ旅行に行きたいと考えている人にぴったりな会社

EU含む71カ国でデータ通信や通話が不自由なくできます。

 

・easyJet upgradeに登録すれば、空港で手荷物を飛行機に載せたり目的地で荷物の回収に時間を使うことがなくなります。

空港到着時にeasyJet Plus Bag Dropにあなたの荷物を預けておけば、easyJetがこれらの作業を全て肩代わりしてくれます。

 

 

 

英国では2019年より5Gがスタート

(Image Credit: Samsung / TechRadar)

 

英国では、日本よりも1足早く5G回線の部分的導入(rollout)に乗り出しています。

2019年5月から、EEがロンドン、マンチェスター、バーミンガム、エディンバラ、カーディフ、ベルファーストの主要都市で5Gの導入を果たしました。

 

2020年にはこのエリアが更に拡大し、合計で60以上(会社によって多少異なる)の地域で5G回線が使えるようになります。

(Image Credit: Three.uk)

 

2022年には英国全域で5Gの回線を整える計画のもと国が動いています。

 

2019年5月からロンドンの主要観光地(Covent Garden, Soho, London Bridgeなど)で5Gスポットが整備されています。

 

5G回線をロンドンで使った人の感想を聞きましたが、移動しながらでも平均200 Mbpsを記録したそうです。この数値だけで4Gの10倍はあるので驚きです。

 

最高速度は510 Mbpsを記録したそうです。

(Image Credit: inews.co.uk)

 

 

〜5G対応機種の値段は??〜

・「イギリスに留学したら5Gを使ってみたい」と言う人は、現地で5G対応のスマホを購入してみてもいいかもしれません。

 

当然ですが、2020年3月現在の5G対応機の本体価格はかなり高いです。

 

<機種例>

  • Huawei Mate 20 X 5G (£1,000) 
  • Samsung Galaxy A90 5G (£669) 
  • Samsung Galaxy S10 5G (£1,099)
  • Samsung Galaxy Note10+ 5G (£1,099)
  • Xiaomi Mi MIX 3 5G (£749)

 

しかし、大手4社では日本の分割払いのようにMonthlyで契約できるプランも用意されてきています。

 

 

<EEの5Gプラン例>

・Samsung Galaxy S20 5G ⬇

£30の頭金 + 1ヶ月の £59 (8100円)

 

・OPPO Reno 5G⬇

£30の頭金 + 1ヶ月の £39 (5400円)

 

こんな感じで、頭金4500円+月々5400円~10000円のコストで5Gを運用することが既に英国では可能なのです。

 

この価格帯は、日本の大手キャリアの最新機種の2年縛りの料金と変わらないので

「留学費用に余裕はある」

「月1万以下で5Gを経験できるなら契約したい」

 

と感じる方は、イギリス留学で電撃5Gデビューも果たせそうですね。

 

 

まとめ

今回は、イギリス留学にむけて携帯事情を詳しく知りたいあなたにむけ

イギリスの携帯システム、料金体系、大手4社比較、5G

 

をメインに詳しく解説しました。

 

⭕ 短期〜中期留学の方→Pay As You Goが最適

 

⭕長期留学の方→12/24monthの長期契約がおすすめ

 

⭕通信企業はあなたの好みによって選ぶべし

・大手の安定感がほしい→EE

・ソフト周りの使い安さや特典重視→O2

・とにかく安く運用したい→Three

 

⭕ イギリスでの5Gスマホの運用は、頭金+月5400~10000円なので非現実的な値段ではない

これを気に英国で5Gデビューをするのもあり

 

といった感じでまとまりました。

 

これで快適なイギリス留学ライフを満喫できますね!!

 

 

 

限定20名でIELTSリーディングスコア7点獲得方法のレポートを無料で配布してます

 

 

現役ロンドン大学院生カネショーが教える

2週間であなたのIELTSのリーディングスコアが7.0点以上にアップする攻略法5選

をレポート形式にまとめました

 

 

今ならこちらを期間限定で無料で差し上げます。

 

詳細は下記の画像をクリックしてください

その行動があなたのグローバルな将来の大きな第一歩となるかもしれません⬇︎

 

またはこちらのURLから⬇️

2週間でIELTSリーディングスコア7点のいろはが学べるレポートはこちら

 

Hope see you soon !!

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。