あなたは、イギリス大学留学の学生ビザに必要な書類について把握できていますか?

始まりました!カネショーです。

 

今日の記事では、これからイギリスに留学する人にとって最初の試練となろうであろう

 

学生ビザの種類と申請に必要な書類について解説します!!

 

留学する時期と行きたい大学などは決まってきたものの

学生ビザの申請なんて初めてだし、何をどうするべきなのか全くわからない、、

 

と悩んでいる方は多いと思います。

 

今回の記事をチェックすれば

⭕️学生ビザの申請に必要な書類や費用が丸わかりになる

⭕️ビザ申請までの大まかな流れが把握でき、スケジュールが明確となる

 

という結果が待っています。

 

学生ビザの申請に必要な手順を把握していないと、、

 

🔺英語力も十分にあって留学できる水準まで達していても、ビザ申請のための書類の準備が進まずに

『果たして本当に留学に行けるのだろうか』と言う不安がつきまとう

 

のままあなたの留学準備がなかなか前に進みません。

 

ビザの申請から発行まではある程度の期間が必要なので、下手をすると

留学までにビザの申請が間に合いませんでした、、、

なんてことにもなりかねません。

 

事前に内容をしっかり確認しておけば解決できる問題ですので、今回の記事も必ずチェックしてくださいね!

 

Let’s get started !!

 

 

学生ビザの種類について

 

まずはイギリスの学生ビザの種類について説明します。

ビザの種類は、滞在目的や滞在期間などで変わってきます。

 

イギリスの大学(院)に留学する場合、Tier 4 student visaが必要となります。

 

Tier 4 student visa/ 普通学生ビザ

 

このビザは主に大学や専門学校へ進学予定で12ヵ月以上の滞在を予定している学生向けの一般的なビザです。

 

つまり、イギリスの大学や専門学校に12ヶ月以上留学を考えている方はこのビザの取得が必須となります。

 

Tie 4 ビザは下記の2種類あります。

4~17歳が対象のTier 4 “Child” Student Visa

18歳以上が対象の Tier 4 “General” Student Visa

 

よって、ほとんどの学生は後者のGeneralを取得することになると思います。

 

<条件付きで就業も可能>

学生ビザですので、基本的にフルタイムの就労は厳しいですが

週に20時間の範囲内であれば働くことが可能です。

 

ですので、食費や交通費などの費用は留学中にも稼ぐことができます。

 

<申請時にIELTSなどの英語力の証明が必要(英検、TOEICは不可)>

大きな特徴として英語力の証明が必要です。

 

IELTSのスコアで一定以上のスコアを取らなくてはなりません。

目安としてはこちらです。

Tier 4 (General) student visa  「語学学校や大学の事前準備コースの場合」 IELTS – 合計4.0

(各4セクションでも4.0以上)

Tier 4 (General) student visa  学部以上の大学のコースの場合 IELTS – 合計5.5

(各4セクションでも5.5以上)

 

詳細は下記のサイトも参考にります⬇︎

British Council公式サイト

 

*もちろん大学院に入学する場合は、各学校が定めるIELTSの最低スコアを取得することが電停となります。

 

『例:バークベック・ロンドン大学の修士課程:スコア7.0以上』

 

申請費用は£348(約4万6千円)です。(2019年9月現在)

 

 

Short term study visa (up to 11 months)(7ヵ月~11ヵ月以内の留学)

 

7ヵ月以上~11ヵ月以内の滞在予定で語学学校等へ通う方は

Short-term study visa (Up to 11 months)という種類のビザ申請が必要になります。

 

このビザはTier 4よりも比較的ハードルが低く、申請費も抑えられるので語学学校へ通う予定の方はこのビザであれば確実です。

 

IELTSなどの英語力の証明が不要となっていますので、英語初心者でも申請が可能です。

 

申請費用は£186(約2万5千円)です。(2019年9月現在)

費用も安い分、ビザの延長や就業は不可です。

 

 

Short-term study visa (Up to 6 months)(6ヵ月以内の留学)

 

イギリスの滞在が6か月以内の場合は事前のビザ申請は必要ありません。

観光ビザで事足ります。

 

ただし、6か月以内の短期留学でも、空港で入国時に入学許可書や資金証明などの書類を提出しなくてはなりません。

 

イギリスは入国審査が厳しくて有名です。

不法移民の問題やテロの問題が多いので、ちょっとでも怪しいとことがあると目をつけられます。

書類がすべてそろった状態でも、係員と英語でうまくコミュニケーションが取れず入国許可が下りないといったケースが多々あります。

 

私がはじめてイギリスに語学留学に行った際

前の中国人らしき学生が、何やら係員と揉めていました。

結局彼は入国できずに他の部屋に移動させられていました。

 

そのため、入国時にこういったトラブルにならないように

6ヵ月以内の滞在でも事前に申請できるのがこのShort-term study visa です。

 

申請費用は£97(約1万3千円)です。(2019年9月現在)

 

 

Tier 4 ビザの申請に必要な書類について①〜③

 

イギリスの学生のビザの種類とその目的がわかったので、ここからはTier4 General Student Visaの申請に必要な書類について解説していきます。

 

①パスポートと証明写真2枚

 

あなたが現在使用しているパスポートと証明写真2枚を準備します。

 

学生ビザを貼る空白のスペースがあると好ましいです。

申請ギリギリ急いでパスポートを作っても構いませんが

最低でも申請時の時点で有効で、出来るだけ1年以上期限に余裕のあるものを準備しましょう。

 

過去に使用したパスポートも場合によっては提出を求められる場合がありますが

私の経験で言うと、過去のパスポートはもう捨てている場合もあるので

 

“過去にパスポートを使用したことがあるか”のチェック項目リストを記入する際に

『ない』と記入して最新のパスポートで申請すれば問題はありません。

 

②CAS番号

CASとは、あなたが通うことになる学校から発行される入学証明書のことです。

 

A Confirmation of Acceptance for Studies(入学許可の確認)の頭文字をとってCASと呼ばれています。

 

イギリスの学校への入学許可が下りると、CAS番号と言う番号が通知されます。

 

このCASは入学日の3ヶ月前までの期間にあなたに通知されます。

 

ビザ申請ではこのCAS番号の提示を求められます。

 

 

③財政証明書

 

ビザ申請で最も準備に時間がかかるのがこの財政証明書です。

フルタイムの仕事をすることなく異国で一定期間過ごすことになるので

あなたの財政状況が、大学の学費と滞在期間の生活費をカバーできるかどうかの証明をしければなりません。

 

提出する書類は、あなたの銀行預金通帳のコピーで構いません。

通帳は、以下の情報が記載されているページを翻訳してもらい提出しなければなりません。

これらの情報が載っていないと、財政証明書として見なされません。

 

・あなたの名前

・口座番号

・銀行名とそのロゴ(レターヘッド付き)

・貯金の合計金額の記録

 

日本の銀行の通帳の場合、英語に翻訳してもらう必要があります。

ビザ申請では、通帳の英訳には「翻訳証明書」を同時に提出しなくてはいけません。

 

私がビザを申請する際はGLOVAさんに依頼しました。

無料で翻訳証明書も発行してくれるのでとても心強かったです。1文字12円目安で見積もって翻訳をしていただけます⬇︎

GLOVA

 

ソニー銀行と新生銀行はグローバル基準の英文残高証明書を発行しているようです。

これから新しく銀行口座を作る予定のある方は、こちらの銀行で講座を作ってみるのもいいかもしれませんね。

 

<通帳に預ける費用の目安>

 

これはあなたの

・学費

・滞在する期間

・滞在する場所(ロンドンかロンドン以外か/生活費が異なるため)

 

によって変わりますが、下記の表を目安に金額を計算し預金しておくとベターです。

 

ロンドンに留学

(生活費:1ヶ月1,264£「約17万円」で計算)

ロンドン以外の地域

(生活費:1ヶ月1,015£「約13万円」で計算)

9ヶ月未満 学費+1,265✖️滞在月数 学費+1,015✖️滞在月数
9ヶ月以上 初年度の学費+1,265✖️9以上 初年度の学費+1,015✖️9以上

 

 

*28日ルールを忘れないように!

ビザ申請日から31日以内の最終取引日からさかのぼり

最低28日間継続してあなたの口座に資金が入っていることを証明しなければなりません。

 

申請ギリギリにお金を口座に入れて申請すると却下される確率が高いので注意しましょう。

 

私の例ですが、果たしは一般的な9ヶ月の大学院のコースでしたので

講座に確保した資金の合計はざっくりこのような数字でした⬇︎

 

学費:約190万円(バークベック・ロンドン大学の修士課程コース)

ロンドン市内に留学:18~19万円(2018年のレートで計算)✖️10ヶ月=380万円

 

<合計> 420万円(航空機代なども考慮し、少し余裕をもたせました)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事であなたの留学プランにあったビザ選びと

申請に必要な書類についての流れが把握できたかと思います。

 

・学生ビザは3種類ある

・滞在期間の長さが9ヶ月以上で高等教育(大学)を選ぶ場合、Tier 4 generalが必須となる

・費用については、上記の表を目安にあなたの滞在場所や期間を元に計算する

 

と行った内容を押さえてビザ申請書類の準備を進めてみてくださいね!!

 

これであなたも憧れの留学生活に一歩近づきましたね!!

 

限定20名でIELTSリーディングスコア7点ゲット方法のレポートを無料で配布してます

 

現役ロンドン大学院生カネショーが教える

2週間であなたのIELTSのリーディングスコアが7.0点以上にアップする攻略法5選

をレポート形式にまとめました

 

今ならこちらを期間限定で無料で差し上げます。

 

詳細は下記の画像をクリックしてください

その行動があなたのグローバルな将来の大きな第一歩となるかもしれません⬇︎

 

またはこちらのURLから⬇️

2週間でIELTSリーディングスコア7点のいろはが学べるレポートはこちら

 

Hope see you soon !

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。